上原大史(WANDS)の経歴は?実はボーカル志望じゃなかった?

WANDS関連

再始動したWANDS第5期の新ボーカルとして注目を集める、上原大史さん。

プロフィールや過去の経歴や活動が明かされておらず謎めいていますが、ファンの間で少しずつわかってきています。

そこで、「上原大史(WANDS)の経歴は?実はボーカル志望じゃなかった?」と題し

上原大史さんの今わかっている経歴や、実はボーカル志望ではなく〇〇志望だった?についてまとめました。

    

   

Sponsored Links

上原大史(WANDS)の経歴は?

   

冒頭でも述べたとおり、所属事務所Adingの意向もあってか、上原大史さんのプロフィールはあまり明かされていません。

ただ上原大史さんの過去の活動(経歴)については色々と噂があり、ファンの間では周知されてきているものもあります。

わかっていることを、時系列でまとめます。

    

上原大史の経歴【2012~2014】:Ray℃

記事編集中。

     

上原大史の経歴【2014~2015】:オトイロハ

WANDS上原大史さんはオトイロハのボーカルでは?という噂については、こちらの記事でまとめています。

    

        

上原大史の経歴:灰原大介

上原大史さんはオトイロハ解散後、「灰原大介」名義でイベントに参加したと言われています。

以下編集中

 

Sponsored Links

上原大史(WANDS)のデビュー以前の経歴

先日、雑誌のインタビューでこれまでの音楽活動について答えており、少しだけ明らかになりました。

 

  

上原大史(WANDS)が音楽を始めたのはいつ?

上原さんは、小学校6年の時にギターを始め、それが音楽の道へ入った一番最初だそうです。

そして、中学生の時には楽曲を制作するようになり、MTR(マルチ・トラック・レコーダー)で録音をしていたそうです。

小6でギターも早いなと思いましたが、中学で既に曲制作していたのにも驚きです!

以来、フォークデュオやバンドなど様々な音楽活動を経験してきたようです。

  

上原大史(WANDS)の音楽のルーツ

小学生の時には、両親の影響で「サイモン&ガーファンクル」などを聴いたり

昭和歌謡曲(!)やヘヴィメタルJ-ポップEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージックの略)など、幅広いジャンルを聴いていたそうです。

  

色んなジャンルの曲を聴いていた理由は、「曲作りのため」というのが大きいようで

アコースティックギター→シンセサイザー→打ち込みギター→エレキギター と

録音の過程でどんどん「これを取り入れたい」というのが発生し、結果的に色んな曲を聴くようになったということのようです。

昭和歌謡曲まで・・・ストライクゾーンが広すぎです。

  

上原さんのお兄さんは、L’Arc-en-Cielのコピーバンドをやっていたり

お父さんはいつも家でフォーク・ギターを弾きながら歌っていたりしたようで

常に音楽が側にあるご家族・ご家庭で育ったようです。

   

Sponsored Links

上原大史 (WANDS)はボーカル志望じゃなかった?!

いつ今の事務所に入られたのか、時期については明らかになっていませんが

事務所に入ってからは、自身が歌ったり弾いたりするだけでなく、他のアーティストへ楽曲提供なども行ってきた上原さん。

  

どんな曲も歌いこなし非常に高い歌唱力を持つ上原さんですが

実は、もともとはボーカルを目指していなかったという驚きの告白が!

表現する側というより、 ギタリストエンジニア・クリエイターなど、どちらかというとメロディーを形作る側になりたかったようです。

  

しかしその高い歌唱力から、事務所を始め周囲は上原さんのボーカリストとしての才能を見逃すはずはなく、この道に徐々にシフトチェンジしてきたようです。

  

歌うことは好きでフォークデュオなど歌うこともしてきたということですが

本格的にボーカリストとして歌い始めたのは大人になってからだそう。

しかし、好きで歌うこともあったということではありますが、初めからボーカリストだったんじゃないかというぐらい、本当に歌がうまい

ギターだったけど歌の才能を見出されてボーカルにという流れ、奥田民生さんを想起させます。

才能あると、違う事をやっていてもそちらに引き寄せられるのですね。

Sponsored Links

まとめ

「上原大史(WANDS)の経歴は?実はボーカル志望じゃなかった?」

についてまとめました。

WANDSのボーカルとして決まった時、「自分には無理なんじゃないか」と一瞬思ったという上原さんですが、11月17日のライブイベントでは緊張していた中で素晴らしいパフォーマンスを披露し

「WANDSのボーカルはやはり上杉昇」と否定的に見ていたリスナーを一気に肯定派に!

クリエイター志望から高い歌唱力でボーカルになった上原さんの今後の活躍が、とても楽しみです!

上原さんの経歴は、情報が更新されたらまたアップしたいと思います。

  

上原さんがヴィジュアル系バンドのボーカルでは?の噂については、以下の記事で!

 →上原大史(WANDS)はジグザグの命様?!の噂を検証

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました