元WANDSの上杉昇は今何してる?脱退理由や現在の画像に結婚は?

WANDS関連

新しいボーカル上原大史さんを迎えて再始動したWANDS第5期

WANDSといえばかつてボーカルを務めていた上杉昇さん!

高い歌唱力と整った容姿で人気絶頂の中、突然のWANDS脱退

上杉昇さんは、今現在何をしているのでしょうか?

上杉昇さんのWANDS脱退理由や、

今の姿歌唱力をみられる画像

上杉昇さんは結婚している?

  

など、現在の上杉昇さんについて調査しました。

 

Sponsored Links

WANDS時代の上杉昇!

    

WANDSでボーカルだった頃の上杉昇さん。ロン毛がトレードマークのシュッとしたイケメンでした。デビュー当時、19歳でした。

 

上杉昇さんは、WANDS結成1991年から1996年約5年間第1期第2期とボーカルを担当。

   

「もっと強く抱きしめたなら」

「時の扉」

「世界が終わるまでは・・・」

  

など数々のヒット曲を生み出し、高い歌唱力類まれな作詞センス容姿を併せ持ったボーカルでした。

第1期・・第2期?と混乱した方もおられると思いますが、

WANDSは、バンドの顔であるボーカルすらメンバーチェンジをしながら活動していた珍しいバンドで

今回新曲を出す新生WANDSは、第5期です

第1期~第5期のメンバー変遷については、コチラで詳しく書いています!

 

しかし、所属の会社と徐々に方向性に食い違いが生じ、1997年初頭

人気絶頂だったにも関わらず、メンバーの柴崎浩とともにWANDSを脱退してしまいます。

 

Sponsored Links

上杉昇がWANDSを脱退した理由は?

上杉昇がWANDS脱退を決意するまで

当時のWANDSを知る人なら、WANDS=上杉昇がパッと浮かぶと思うのですが、上杉昇さんはバンドの顔でありカラーでした。

そんな上杉昇さんが、なぜ脱退してしまったのか?

 

上杉昇さんが元々音楽の道を志したきっかけは、 アメリカのロックバンド・GUNS N’ROSES (ガンズ・アンド・ローゼズ)。

日本のバンドでは、LOUDNESS に憧れ、彼らが所属するビーイングの音楽スクールに通ったのがきっかけで音楽プロデューサーの長戸大幸氏の目に留まりWANDSとしてデビューしました。

GUNS N’ROSES

そして、LOUDNESS

 

・・・あれ?WANDSのアーバンで爽やかなスタイリッシュさと随分違うな・・・と戸惑われた方も多いと思います。

実は上杉昇さんの求めていた音楽性は、オルタナティブロックグランジロックといった、ポピュラー音楽や産業ロックとは一線を画した路線。

上杉昇さんはWANDSを脱退後、当時のWANDSについて雑誌からインタビューを受けたことがあるのですが、その際にこのような事を言っています。

WANSは、”やらされている感”がすごくあった。

WANDSの音楽性は、自分の求めていたものと全く違った。合わなかった。

   

上杉昇さんが求めていたのは、GUNS N’ROSESLOUDNESSといったゴリゴリのロック。

鼻ピアスにチェーンをつけたイカツイ格好で挑んだオーディションで合格し、「ロックバンドでデビューさせてやる」と言われ、その方向性で音楽をやれると思っていたのに

会社に求められたのは、「もっと強く抱きしめたなら」のような、世間で売れるキレイでスタイリッシュな音楽。

上杉昇さんは、WANDSにいたころの自分について

WANDSでの自分は、演じさせられていた「アイドル」だった。

と評しています。

バンダナを巻いていたのは、 GUNS N’ROSES の要素を少しでも残したいせめてもの抵抗だったんですね。

 

しかし、自分がやりたい音楽性を押し殺すことがだんだん苦しくなってきた上杉昇さんは

1995年、他の用途で作られた曲『Secret Night ~It’s My Treat~』を偶然聴いて、「これこそ自分のやりたい曲だ」と思い、プロデューサーに直談判。

初めて自分の音楽性を押し出した曲をWANDSからリリースすることになりました。

これまでのポップ路線からいきなりアンダーグラウンドな方向にトガった曲調に転換し、当時衝撃を受けたファンも少なくないのではないでしょうか。

 

この曲の後、『Same Side』、『WORST CRIME〜About a rock star who was a swindler〜』と、オルタナに傾倒した曲をリリース。

しかし、この後にプロデューサーが持ってきた曲が、元のポップ路線の曲で、上杉昇さんは

  

「もうWANDSにいられない・・」

  

と悟ります。

  

そして脱退の決定打となったのが、1994年に起きた、ニルヴァーナの伝説のギタリスト・カート・コバーンの死。

  

自分の望んだ音楽作品を世に残したい

  

と思い至り、脱退を決意したようです。

   

ちなみに、

上杉昇さんと共に柴崎浩さんも同時に脱退し、実質解散状態となってしまったWANDSですが、

ビーイングが「WANDS」の名前を登録していたため、残った木村真也と2代目ボーカル和久二郎、ギター杉元一生を迎えて第3期WANDSとして活動を再開し、今回の第5期WANDSにつながりました。

 

上杉昇がWANDS脱退後に結成したのはゴリゴリのグランジロックバンド!

WANDS脱退後、上杉昇さんと柴崎さんは、1997年11月に『al.ni.co』という新しいバンドを結成します。

爽やかポップ路線から180度転換して、ダウナーなグランジロックバンドでした。

しかし、こちらも2001年に解散となりました。

 

その後は、上杉昇さん自身でレーベルpojjo récordポジョ・レコル)を設立し、ソロでの活動を開始。

これまで行っていた作詞に加え、ほぼ全曲の作曲も行うようになり、本格的に自分の音楽性を前面に打ち出していくようになります。

 

Sponsored Links

上杉昇は今現在なにをしている?衝撃の画像と歌唱力がわかる動画!

衝撃!上杉昇の今現在の姿

柴崎浩さんと結成したバンド『al.ni.co』も解散した上杉昇さん。

1975年5月生まれですので、現在は47歳

今は何をしているのでしょうか?

現在の姿は、こちらです。

    

 

あのシュッとした都会的なイケメンから風貌変わりすぎて、衝撃です!汗

インディアンコスプレしていない上杉昇さんは、こちら。

いい感じのかっこいいおっちゃんになっています!面影ありますね。

47歳、めちゃくちゃかっこいいです。

   

上杉昇さんは、al.ni.co を解散後、2006年に『猫騙』(ねこだまし)というバンドを結成し、以来精力的に活動を続けています。

猫騙は、上杉昇さんがまさにやりたかったオルタナティブロックバンドで、音楽をやっているのが楽しくて好きで仕方ない!という感じが伝わってきます。

 

上杉昇の今の歌唱力が聴ける動画!

   

猫騙での今の上杉昇さんの歌声は、こちら。

 

WANDSの頃の爽やか系とは真逆のワイルドな歌声です!

よく聞くと、所々で上杉昇さんだなあという面影はありますが、発声の仕方も全く違いますし、もうほとんど別の人が歌っている感じですね。

今の猫騙を見たら、上杉昇さんはもう絶対にWANDSには戻らないだろうな・・・と思います。

 

ただ、WANDSの音楽性は上杉昇さんには合わなかったのかもしれませんが

「WANDSの伸びのある曲調の方が、上杉昇さんの天から与えられた歌声を活かせるのでは」

「WANDSの時の声の方が好き」

というファンの声も。

WANDSに復帰を望む声も、根強くありますね。

    

今の猫騙の上杉昇さんの声ももうゴリゴリしていて、かっこいいですけどね!

   

Sponsored Links

上杉昇は今は結婚している?

上杉昇さんは、結婚したことはあるのか?

そして今現在は、結婚しているのか?

気になって調べてみました。

  

WANDS時代には、「世界中の誰よりきっと」でコラボした中山美穂さんや

ZARDの坂井泉水さんが噂にのぼりました。

坂井泉水さんについては、上杉昇さんがファンクラブ会報で

最愛の人を亡くした」とコメントしたことから、

    

最愛の人とは坂井泉水さんのことで、付き合っていたのでは?

   

という噂が広まったことも。

しかしこれらはファンによる憶測の域を出ず、噂にとどまっています。

そして今現在も、結婚をしているという情報が見当たりません。

  

上杉昇さんは、幼少期にあまり恵まれた家庭ではなかったことを過去に告白しており

その影響で、あまり結婚願望などもないのかもしれませんね。

こちらも、憶測の域を出ませんが・・・

  

新しい情報が入りましたら、更新したいと思います。

 

Sponsored Links

まとめ

●上杉昇さんがWANDSを脱退した理由

●上杉昇さんは現在何をしているのか?

●上杉昇さんの現在の姿の画像と歌唱動画!

●上杉昇さんは結婚している?

  

についてまとめました。

こんな年を追うごとにトガっていくかっこいい47歳のおじさんは、あまりいない。

猫騙いいな。

 

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました