世界最速のケンジの動力源は何なのかと話題に!【きかんしゃトーマス】

世界最速のケンジ アニメ

2021年の春に放映予定と発表された映画『劇場版 きかんしゃトーマス おいでよ!未来の発明ショー!』

この中に登場する日本生まれの新キャラ、ケンジ。

その個性的なビジュアルと「世界最速のケンジ」というパワーワードで話題になっています。

しかし、世界最速のケンジ。

動力源は一体何なのか?!というのが注目されているようです。

    

気になり調べてみました。

       

Sponsored Links

【きかんしゃトーマス】世界最速のケンジの動力源が何かと話題に!

        

Yahooの紹介記事によると、新キャラのケンジは、「0系新幹線」と紹介されています。

イギリスの紹介ページでも、ケンジは、高速電気エンジン(直訳)を搭載した乗り物であると紹介されています。

ですので他のキャラにあるような石炭庫や煙突はありません。

     

しかしここで気になるのが、

ケンジの動力源は何?!

というところです。

     

といいますのは

電気が動力源であれば架線がなければいけないわけですが、ケンジの頭頂部を見ると、線につながっている様子はありません

ここに違和感を持ったユーザーも少なくないようです。

         

      

        

しかし、動力源が電気だから線につなぐ、ということになれば、

「きかんしゃトーマス」の醍醐味である、

線路上をダイヤ関係なく自由意思で走り回る」

という描写が成立しなくなってしまいます。

        

ということで、ケンジの動力源について非常に気になったので、調べてみました。

    

Sponsored Links

【きかんしゃトーマス】世界最速のケンジの動力源は何なのか?調べてみた

      

イギリスの機関車トーマス専門サイトでケンジについての描写を見ると、このように書かれています。

      

ソドー島で開かれるテクノロジー・フェアに参加するために日本からやってきたケンジ。

ケンジは、レベッカとゴードンによって、フェリー乗り場からウルフステッド城に運ばれてきます。

ウルフステッド城とその近くの恐竜パークの前には、エステート鉄道という短い鉄道が敷かれており

そこでは、ケンジのために特別に、架線が引かれました。

      

つまり、そのエステート鉄道の短い鉄道でだけ頭上の架線につながって、ケンジは走ることができるという設定ということがわかります。

    

そして、テクノロジー・フェアのあと、ケンジはトーマスと出会いを果たしますが

その後、テクノロジー・フェアを狙った悪者2人組に、ケンジは盗まれてしまい、鉄道の本線に連れてこられてしまいます。

その後何等かのひと悶着があったか否かは不明ですが、

ともかく2人組の手を逃れたケンジについて、下記のように書かれています。

本線には頭上に架線がないため、ケンジは徐々にスピードを落としていき、それを見つけたトーマスが彼をソドーの鉄道修理工場に運んでいきます。

        

ここで判明したのは、

「架線が外れても、ケンジは動けていた?!」

という衝撃の事実。

つまり彼は、主には架線から電気を供給しつつも、

架線から外れた場合は、非常電源のようなものに切り替わり、ある程度動けるということです。

       

架線につながっていない間の動力源はなんなのか?

        

そのヒントは、テクノロジー・フェアに参加し、悪者2人組の盗みの主目的で合った乗り物

ルースのフーバーカーという乗り物にあります。

このルースのフーバーカーは、以下のようなビジュアルです。

    

車と飛行機が兼用した、水陸両用車のような乗り物です。

この乗り物の動力源について、イギリスのサイトでは

この車には収納可能なタイヤがついており、飛行することができる。

しかし、どうやって飛んでいるのかは定かではない。

       

と説明されています。

最後の最後で、謎技術を使っているという、それ以上ツッコミようがない超絶設定がねじこまれ

結局、この飛行物体の動力源が何なのかはわからないという結論になっています。

          

そして、ケンジの動力源についても、これと同じ技術が使われている可能性もあるものの、

結局、架線なくして動けることへの明確な答えが書かれていません。

      

ただ、修理工場に連れてこられたあとの描写を読むと、ケンジの非常電源はこれと似たものかな?という事も予想できます。

その描写がこちら。 

修理工場に連れていかれたケンジは、スタフォードと同じ電気バッテリーを搭載されます。

この電気バッテリー搭載のおかげで、ケンジは、架線のないノースウエスタン鉄道のエリアからフェリー乗り場(日本に行くための)に行けるようになりました。

     

スタフォードは、このキャラ。

      

以上のことから、ケンジの動力源は何か?についてわかったことをまとめますと

     

■ケンジは、基本的には架線につながり電力を供給しながら走る

ただし、架線がない場所でも、何らかの電気供給装置により、しばらくは電気が供給され、少しなら独立して走ることができる

    

ということのようですね。

      

なんだか釈然としない結論ですが

架線につながっていなくてもある程度動ける

という設定を入れることで、きかんしゃトーマス最大の魅せ場

「乗り物が自由意思で走り回る」

の世界観を壊すことなく、うまくまとめている感じですね。

      

とうまくまとめましたが

飛行自動車が出てきた時点で、真面目に思考するのをやめた

というのが本音です。笑

   

以上、「きかんしゃトーマスの新キャラ・世界最速のケンジの動力源は何?」についてまとめました。

      

      

     

     

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました