ハンドソープ品切れ売り切れはなぜ?代用の固形石鹸はウイルスに有効?

不足している日用品・食品

家の泡ハンドソープが残り少なくなってきたため、近所のドラッグストアに行ったところ

あらゆるブランドの液体・泡ハンドソープが売り切れ!

スーパーも覗いてみましたが、同様に売り切れでした。

マスクや消毒剤のみならず、今や液体・泡ハンドソープも入手困難です。

ただ、ハンドソープが軒並み売り切れ・品薄になっている一方で、固形石鹸は、未だ大抵の店舗で見つける事ができます。

固定石鹸は、ウイルス除去に有効なのか?

調べてみました。

      

   

Sponsored Links

ハンドソープが売り切れ(品切れ)続出なのはなぜ?固形石鹸はあるけど効果が不安

   

冒頭でも書きましたが、液体・泡ハンドソープが品薄や売り切れ続出である一方

固形石鹸はまだ大抵のお店で在庫があるようです。

ツイッターのつぶやきを見てみても、どこも同じ状況ですね。

  

ハンドソープが品薄になっている理由として

買い溜めしている人が多いから売り切れや品薄になっているのでは?

という声もありますが

普段より手を洗う回数が多くなっている上

学校休校やテレワークで家に留まる家族が増えれば、嫌でも一世帯当たりの消費量は増すと思います。

   

ネットショップでは在庫があるようですが、ちょっと価格が気になります。探せば掘り出し物もある・・・?

 

    

色んな出費がかさむ今、できる限り抑えたいところですし

ないなら無理してでも手に入れようとせず、手に入るもので補う」という思考はこれから大事なのではないかと思います。

  

    

なお、泡・液体ハンドソープの方が人気な理由としては

●しょっちゅう手を洗うのに手軽に手に出せて、泡切れがいいから

●「除菌効果あり」と銘打ってい、普通の固形石鹸より安心感がある

というのがあるかと思います。

特に、2つ目の「除菌効果ありと銘打っている」というのが大きな理由かと思います。

    

一方、固形石鹸はというと

●手洗いのたびに石鹸を手に取り、こすって泡立てる手間がいる

置き場所をとる

●石鹸の置き場所が汚れやすく、掃除が手間

●ウイルスに効果があるのかわからない

   

といった難点がありますね。

4つ目の「除菌効果」はともかくとして

こういった固形石鹸の煩わしさが嫌で、同じ液体系のもので在庫のあるボディソープを代用しているという声もありますが・・・

     

ボディソープ、泡切れがよくなく、ぬるぬるが中々落ちないんですよね。

乾燥肌の私にとっては、手を洗うたびに泡が落ちるまでゴシゴシし続けるのは、結構辛いものがあります。

  

ですので、液体・泡ハンドソープが手に入らないなら

泡切れの悪さが苦手という方や、私のような乾燥肌の方は

ボディソープよりは刺激が少なく泡切れもよい固形石鹸を選んだ方がよいと思いますが・・・

不安に思うのが、やはり

  

除菌効果あり」と書かれていない固形石鹸で、ウイルスの除去はできるのか?

  

というところです。

そこで、固形石鹸の除菌効果について調べてみました。

    

Sponsored Links

固形石鹸はハンドソープの代用になる?ウイルス除去に有効なの?

   

ウイルスを除去する方法として有効だとされている、アルコール次亜塩素酸による消毒。

   

しかし、

新型コロナウイルス対策には、「石鹸による手洗い」が 「アルコール消毒」より有効である

という事が

世界保健機構(WHO)でも認められています。

  

アルコール消毒よりも石鹸で20秒洗う方が、確実にウイルスを除去できる」ことをわかりやすく解説した動画が公開されています。

↑Youtube画面の下にあるキーボードのアイコンをクリックすると、字幕を出すことができます。  

  

この動画ではまず最初に、

除菌効果あり』と書かれていない普通の固形石鹸で、ウイルスの除去はできるのか?

という疑問点について

  

石鹸は、どんな種類のものであってもウイルス除去に有効である

  

と明示されています。

     

石鹸であればなんでもよい」理由は

石鹸に入っている界面活性剤が汚れを落とす仕組みにあります。

  

ウイルスは、たんぱく質脂質(油膜)でコーティングされています。

ただで流すだけでは、この脂質にはじかれてしまい、ウイルスを落とすことはできません。

そこでこの脂質を分解するのに役立つのが、石鹸の成分・界面活性剤

詳しくは動画の説明のとおりですが

簡単に言えば、以下の過程で手に付いたウイルスは除去されます。

界面活性剤がウイルス表面の油膜を剥がし、ウイルス分子が破壊される

②水で、バラバラになった無害のウイルスを流し落とす

  

一般に石鹸と言われるものには、脂質を分解する界面活性剤が入っているため

どの種類の石鹸であってもいい、ということなんですね。

つまり

界面活性剤の入った石鹸でありさえすれば、「除菌効果あり」と銘打っていなくてもウイルス除去に効果があるということです。

   

しかも、ウイルス殺菌力の高さという点においては

    

「合成系の界面活性剤が大半の成分を占めるハンドソープよりも、無添加系の固形石鹸の界面活性剤の方が、ウイルスの破壊能力が100~1000倍も大きい」

     

ということが

ウイルス不活性化の解明を研究してきた教育機関などの研究により明らかになっています(研究結果についてはこちらの記事を参照)。

   

以上のことから、

界面活性剤さえ入っていれば、「除菌効果あり」と謳っていない固形石鹸でも、ウイルス除去には効果がある

ハンドソープは、ウイルスの殺菌力の高さという点においては、「除菌効果あり」と謳っていても、実は無添加系の固形石鹸より劣る

     

ということが明らかになったわけですが

どの石鹸であっても、ウイルス表面の油膜を剥がすには一定の時間を要します。

その時間が、「20秒」。

ですので

ウイルスの完全な除去のためには、石鹸で泡を立ててから最低20秒間は手をこする必要があります。

     

      

今回、

今入手することができる固形石鹸でも、洗い方をちゃんとすればウイルス除去に有効であることがわかりました。

「除菌効果あり」の液体系ハンドソープがなくても慌てず、固形石鹸でしっかり手を洗いましょう。

    

ハンドソープの代用・固形石鹸も使い方次第で煩わしくない?道具を使って快適に

「石鹸置き」で石鹸カス汚れ防止や水切りをラクに!

洗面所が石鹸カスで汚れる」とお困りの方には、こちらの石鹸置きがおすすめです。

「浮かせて設置」できるので汚れない上、見た目もスタイリッシュです。置き場にも困りませんね!

   

  

浮かせる石鹸置きを貼る場所がない!」という方には、以下の石鹸置きも。

水切り排水付きで、受け皿に溜まった水を流す手間が省けます。

    

「泡立てネット」で石鹸の泡立てを楽しくラクに!

ちょっと煩わしい固形石鹸の泡立ても、ネットを使って楽しくラクに。

   

  

  

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました