【ドラえもん】しずかちゃんは性格悪い?良い?原作では暴言も?!

アニメ

ドラえもんに登場する紅一点ヒロイン、しずかちゃん(本名:源静香)。

アニメでは実に可愛らしい容姿で描かれています。

のび太の将来のお嫁さんであり、その絶対的なかわいらしさから、のび太だけでなく、ジャイアンやスネ夫も、しずかちゃんには頭が上がりません。

しかし、一見可愛らしいしずかちゃんについて調べてみると、「しずかちゃん 性格悪い」のワードが!

また、かわいい容姿とは裏腹に、原作ではかなりの暴言をはいているという話も。

しずかちゃんが性格悪いといわれる理由はなんでしょうか?

また反対に、性格良いと言われる理由は?

それぞれ見ていきたいと思います。

  

 

Sponsored Links

【ドラえもん】しずかちゃんは性格悪い?!

   

言葉遣いも上品で、容姿も言動もかわいらしく、毒気のない素直な女の子という感じのしずかちゃん。

こんなしずかちゃんが「性格悪い」と言われる理由は何でしょうか?

   

しずかちゃんが「性格悪い」と思われてしまう理由は

その日和見主義的なふるまいにあるのではないかと思います。

  

それを垣間見られる、アニメのエピソートを見てみましょう。

   

お金持ちのスネ夫が、親戚のスネ吉兄さんにクルージングに誘われて、ジャイアンやしずかちゃんも誘うものの

のび太(とセットでドラえもんも)だけ、自慢するだけして仲間外れにする

という話があります。

この、スネ夫がお金持ちイベントにのび太だけ誘わないという胸糞エピソード()、この話だけでなく、よくありますよね。

  

ジャイアンは、常日頃のび太をいじめているのでこの行いは平常運転としても

しずかちゃんは普段のび太と仲良くしているので、こんなとき

  

のび太さんも誘ってあげましょうよ

  

とか

    

「仲間外れなんてよくないわ」

   

などと声をかけるべきだと思うのですが

しずかちゃんは、この仲間外れに声をあげることなく、ちゃっかりクルージングに参加。

そして、のび太を思い起こすでもなく、伸び伸びとイベントをエンジョイしている様が描かれています。 

   

その後の話としては、のび太がドラえもんの道具を使ってスネ夫とジャイアンに仕返しする、という流れになりますが

なぜか、しずかちゃんだけはその仕返しの対象から除かれていたりします^^;

このクルージング回では珍しく、しずかちゃんもリベンジの対象に入っていたので驚きでした。

  

また逆バージョンの話もあり、

ドラえもんの道具で遊ぶとき、のび太がしずかちゃんだけを誘い、スネ夫とジャイアンは誘わない、というパターン。

この場合にも、しずかちゃんはイベントを堪能する一方、スネ夫とジャイアンの事は気にかけません。

そしてこの場合も、仕返しされるのはのび太だけであり、しずかちゃんは安全地帯から高みの見物

  

アニメではあるのですが、ドラえもんのメインキャラクターたちが皆そろって

そうしたしずかちゃんの日和見主義を容認している雰囲気が、不思議ですらあります。

リアルな世界だと、こういう調子のいい子は総スカンだと思いますが

ドラえもんの世界では、「かわいらしいヒロインだから」というバイアスによって、しずかちゃんは常に勢力が強い側につくのがデフォルトとなっています。

私は、良心の呵責なくその時の強者に鞍替えするしずかちゃんを見て、「しずかちゃん腹黒っ!」といつも驚愕します。汗

   

以下、しずかちゃんが性格悪いと感じるという意見。

源しずか性格悪いなー!

普段のび太のこと庇ったりするくせにスネ夫の別荘とかのび太いなくても着いていくし

 

「テレビの昔のシリーズはそんなことなかったけど、新シリーズになり性格が悪くなった」という声もありますね。

今のしずかちゃん、性格わるくなったよねwww

  

Sponsored Links

【ドラえもん】しずかちゃんが原作では暴言も?!

    

アニメでは、上記のような日和見主義的振舞い以外では、至ってかわいい女の子であるしずかちゃん。

しかし、原作では、思わず二度見してしまいそうになるほど驚きの暴言を吐いている場面も!

以下、しずかちゃんの暴言エピソードです。

  

あんたは、クラスでも有名なへたくそなのよ

しずかちゃんが描いた絵を見て「僕が直せばもっとよくなるよ。」と言ったのび太に放った台詞。のび太に何か恨みでもあるのでしょうか・・・  

 

「クラスでいちばんわすれんぼのあんたが?」

のび太を指さし、ホホホ・・と笑いころげながらこの台詞。「あんた」はインパクト強すぎました。笑

   

頭も悪い、顔も悪い、スポーツもなんにもできない。よりごのみできる身分か。

のび太を指さし、放った台詞。 四方八方から、逃げ道を一切作らない完膚なきまでの貶し・・・これは酷い。

  

「ウッソー!のび太さんの顔は、もっとおもしろい顔よ。」

本人がどうにもできない容姿をけなすとは・・・ひどすぎる。汗

   

「どうせむだよ。あんたたちに話したって。」

行きたかったスキーに行けなかったしずかちゃんが、悔し涙を流しながら漏らした言葉。投げやりになる悔しい気持ちはわかりますが・・・

   

「おなかすかして絶滅したらたいへん。なにかエサをあげて。」

のび太がしずかちゃん家に遊びに行った時、しずかちゃんの部屋で待つのび太を横目にしずかママに言った台詞。のび太を動物扱い?!

   

「こんなかっこうでおもてに出て笑われないかしら」

木登りをしたくて、ドラえもんの道具「入れかえロープ」でのび太と姿を入れ替え、その自分の姿(のび太)を見た時の台詞。「のび太は笑われる容姿だ」と、内心思っていたのでしょうか。

 

「いくら4月ばかでも、よろこばせといてがっかりさせるのはかわいそうよ。」

ジャイアンとスネ夫がのび太を騙すのをいさめようとするシーンでの台詞。どれだけのび太を下に見ているのか・・・

   

とりわけ、のび太をなめきっているのが透けて見える台詞が多いですね。

    

また、しずかちゃん自身の暴言ではないですが、ジャイアンとスネ夫がのび太を仲間外れにしたり馬鹿にしたりしている時、いさめるでもなく一緒に笑っているシーンなどからも、腹黒さが伝わってきます。

   

「のび太はよわむしだなあ。」「ぼくたちは、強いなあ。」

風邪を引いて弱っているのび太を残して、スネ夫とジャイアンが投げた台詞なのですが、

この時、先陣切って去っていったのは、実はしずかちゃん。しかも笑いながら・・・

  

「ジャイアンの大バカヤロ。」「オンチゴリラ」「よくばりのいやしんぼのいばり屋の・・」

日頃いびられている鬱憤を晴らすため、スネ夫とのび太とドラえもんが、ドラえもんの道具に向かってジャイアンの悪口を言っているシーン。

しずかちゃん、悪口は言わないのですが、止めることなく、悪口を笑って楽しんでいます。

   

しずか「あたし、親切なうそついてあげよう。」

ジャイアン・スネ夫「やっぱりだますんじゃないか。」(笑いながら)

上のセリフを言いながらのび太の元に向かうしずかちゃんを見て、意地悪く笑うジャイアン・スネ夫。

もはや、ジャイアン・スネ夫と同種・・・・

    

  

アニメではこんなあからさまに悪く描かれていないのですが、

この原作のしずかちゃんの暴言の凄まじさからも、しずかちゃんが「性格悪い」と思われてしまう一因ですね。

原作の初期の頃が、とくに性格悪く描かれていたようです。

   

こんな暴言を吐く女の子、実際にいたら皆ドン引きでしょうが、ドラえもんの世界の登場人物たちにとっては、あくまで可愛らしい女の子のようです。 

  

↓原作漫画「ドラえもん」を読むなら、漫画だけでなく動画見放題(14万本以上!)もついてくる

U-NEXTがおすすめです。

        

Sponsored Links

【ドラえもん】しずかちゃんは性格良い?優しい?

    

無意識に、時折腹黒さを垣間見せるしずかちゃんですが

動物や仲間を思いやる、とても性格良くやさしい一面もたくさん見せてくれます。

  

中でも、しずかちゃんが愛情深く心優しい子であることを最も表しているのが、

映画「のび太の結婚前夜」ではないでしょうか?

   

のび太は、勉強も運動も苦手、そして困ると努力することなくすぐドラえもんに頼るなど、ダメダメなところだらけの男の子。

大人になってもそのドジっぷりは変わらないのですが、のび太の何よりいいところは、心の優しさ

そして、人の痛みを理解し、共感できるということ

映画でも、絶対に仲間を見捨てることなく、仲間の痛みを自分のことのように悲しみ、仲間がピンチの時は、身を挺して助けようとします。

   

しずかちゃんは、結婚相手に出木杉くんや他の男性をいくらでも選ぶことができたわけですが、のび太を選びました。

それはしずかちゃんが

のび太のいいところである優しさが、人としてとても大事で

かけがえのないことだと解っている子だから

   

のび太との結婚前夜、しずかちゃんは、一人娘の自分がお嫁に行ったあとのパパのことを心配し、「やっぱりお嫁に行かない」とパパに言うシーンがあります。

そこでパパが、しずかちゃんが伴侶として選んだのび太についてこのように言います。

「あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。

それが一番人間にとって大事なことなんだからね。

彼なら間違いなく君を幸せにしてくれると、僕は信じているよ。」

   

そして、お嫁に行ったあとのパパが心配だと泣くしずかちゃんに 

「少しくらい寂しくても、思い出が温めてくれるさ。」

と、粋で温かい言葉をかけます。    

嫁いでいく娘にこんな素敵な言葉をかけてあげられるパパに育てられたしずかちゃんも、

ちゃんと大事なことを解る子になったのだという事がよくわかるエピソードです。

  

のび太の結婚前夜」は言わずと知れた名作で、私が大好きな作品のひとつ。

久しぶりに観たくなって動画配信していないか見てみましたが、現在配信はなく、DVDの販売のみとなっているようです。

   

やっぱり可愛く優しいしずかちゃん、「性格良いし可愛い!」というしずかちゃんファンも沢山います。

   

毒気や小悪魔的なところ、可愛らしいところなど、色々な顔を見せてくれるしずかちゃん。

しずかちゃんのビジュアルも回を追うごとに可愛らしくなっていて、これからも目が離せません!

    

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました