1人10万円給付は子供も対象?海外在住邦人や外国人は?30万円は?

国内時事ニュース

膠着していた給付金問題ですが、4月16日の速報で、「国民1人10万円給付の意向あり」と報道されました。

10万円の給付には「所得制限はない」ということです。

ところで、「国民1人10万円」に、子供や幼児も対象になるのでしょうか?

日本に在住の、ビザありの外国人は?

海外在住の日本人は?

1世帯あたり30万円の件はどうなる?

    

↓合わせて読みたい↓

  ⇒10万円給付金はいつ支払い?どうやって受け取り?

   

Sponsored Links

「国民1人あたり10万円給付」は子供や幼児も対象?

    

多くの人が気になっているのが、

赤ちゃんや子供も給付の対象になるのか?」ということ。

   

4月17日に放送の「直撃!グッディ」で田﨑氏が解説したところによると

結論、

「子供でも赤ちゃんでも10万円給付の対象になる」

ということです。

2009年に支給された定額給付金受給条件

法案が成立した2月1日時点で生まれている人全員」だったので

おそらく、今回の給付もこの時の条件が踏襲されるだろうということです。

なお、2月1日に生まれた赤ちゃんは、14日以内に名前の届け出をすれば受け取れる、という条件になっていたようですね。

  

そして政府より、「10万円給付」の法案が成立するのが、4月27日と発表がありました。

この日が基準日となり、

その基準日4月27日時点で住民基本台帳に登録されている人は、赤ちゃん子供も、すべての人が給付の対象になる

ということのようです。

    

生まれたばかりの赤ちゃんも対象になる」ということや、「納税していない子供も対象になる

ということについて賛否両論あるかと思いますが

学校や幼稚園(一部保育園も)が休校・休園で子どもたちが在宅しているため

各家庭での飲食代や光熱費、日用品の費用などが、家計を圧迫しています。

子供も対象になれば、家族を持つ人々にしてみれば大助かりですね。

    

Sponsored Links

「国民1人あたり10万円」の対象者に日本在住外国人は含まれる?

日本に滞在ビザを持ち生活しているが外国籍の外国人は、対象となるのか?

 

政府により

4月27日の基準日に住民基本台帳に登録されているすべての人」には

外国人も含まれる

と発表されました。

ですので、

4月27日時点で日本に何らかの滞在ビザがあって在籍している外国人は、すべての人が対象になる、ということですね。

外国人は、たとえ永住権保持者でも給付対象外とする国もある中で、日本のこの決定は、かなり手厚い方だと思います。

 

Sponsored Links

「国民1人あたり10万円給付」は海外在住の日本人も対象?

自分も国民だから、給付対象者なのか?

(海外在住日本人)

    

上記で書きましたが

4月27日基準日時点で住民基本台帳に登録されているすべての人が対象

ということですので、

住民票を抜いて現在海外に在住している日本人

給付対象外

ということになります。

   

Sponsored Links

1人10万円給付が決定したら1世帯30万円はどうなる?

受給できる対象が、収入が半減した世帯か非課税世帯かとかなり限定的で、

議論の的になっていた「1世帯あたり30万円給付」 。

1人あたり10万円給付」が成立したら、この条件はどうなるのでしょうか?

30万給付は無くなるのかしら?

既に自粛始まり支払いが迫ってるし

給付までまだまだ日にちかかるので 国民1人に20万でお願いしたい。

未成年の子供は3分の1の金額で

   

4月17日 12:00時点

「1人あたり10万円給付」の成立により、「1世帯あたり30万円給付」は取り下げの方向で話が進んでいるようです。

   

Sponsored Links

まとめ

日本国内に在住の日本人」「日本に滞在ビザがある外国人」が給付対象であり、

海外在住の日本人への給付は対象外

ということになりました。

妥当な決定ではないでしょうか。

   

   

「1人あたり10万円給付」、決定したらいつ支払われる?については

コチラの記事で、現時点でわかっていることをまとめています。

  

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました